050-5806-7583(日本)
+1-808-726-8172(ハワイ)
info@medicalsupporthawaii.com

【ハワイの食材】ハワイの定番フルーツ・リリコイを解説

「リリコイ」をご存知でしょうか?

ハワイによく来られる方は、この名前をよく耳にすると思います。

ハワイの定番フルーツの一つです。

今回は、リリコイについて、ハワイで栄養士をされているSayuriさんにご紹介していただきます。

リリコイって何?

リリコイは、パッションフルーツのハワイ名です。

日本では花が時計の様に見えることから、「果物時計草」と呼ばれます。

ちなみに、パッションは「情熱」の意味ではなく、「キリストの受難」を意味します。

パッションフルーツの蔓の由来は北アメリカで、1920年代にハワイに入ってきました。

荀は夏ですが、年間を通して市場に出ています。

果実はベリーの一種で、丸い形から楕円形で、熟した時は、柔らかい物から硬いものもあり、黄色、もしくは、濃い紫色になります。

果汁たっぷりの果実には沢山の種かあります。

リリコイはどうやって食べるの?

色々な国でパッションフルーツは食されますが、果実をそのまま食べるより、果汁を使って加工品として、香りや味を引き立てることに使われています。

ハワイでも果汁本来の酸味を利用して、他の食べ物 (冷たいデザート、焼き菓子、かき氷シロップ、等)や飲み物 (ジュース、カクテル、等)に混ぜるのが一般的です。 

リリコイシロップは、肉や野菜をマリネにすることにも使われます。

また、ハワイでは、生で食べることもあります。

半分に切って果肉と種を掬い出して食べたり、種を濾して果汁だけを飲んだりします。

リリコイの栄養価は?

生のリリコイは、73%が水分で、22%が炭酸化物、2%がタンパク質、0.7%が脂質から成っています。

生の果実1個自体は約50gで、食べられる部分は18gで、そのうち4.2gが炭水化物、1.9gが繊維質、タンパク質と脂質は殆どなく、カリウム63mg、ナトリウム5mg、1日に必要とされる摂取量の9%のビタミンC、1%の鉄分、1%のビタミンB2、1%のリンが含まれています。

皮は食べられません。

*Percent Daily Values are based on a 2,000 calorie diet. Your daily values may be higher or lower depending on your calorie needs.

上記の%DVは農産省が勧める体重88kgの成人19−50歳位が必要な1日の摂取量2000カロリー食に基づくものです。1日に必要とされる摂取量には、個人差があります。

参照元:https://ndb.nal.usda.gov/

 

腎臓疾患や糖尿病があっても、生のリリコイ1個は安心して食べれそうです。

加工された物は、商品のパッケージに付いている栄養分析ラベルを見て、自分の食事制限内で量を加減してください。

ラベルを読むにあたり、まず最初にServing Size を確認してください。

全ての栄養素の値は、Serving Sizeに基づいて作られています。

次に、個々の食事制限によって、必要な栄養素、Proteinタンパク質、Carbohydrate炭水化物、Phosphorusリン、Potassiumカリウム、Sodiumナトリウムの値を、確認してください。

お店で買えるリリコイ食品

リリコイのジェリー

パンに塗って食べます。

リリコイのジュース

リリコイのパンケーキミックス

レストランですと、カイルアにある”Moke’s Bread and Breakfast”のリリコイのパンケーキがおすすめです。

 

Moke’s Bread and Breakfast

住所:27 Hoolai St, Kailua, HI 96734
ホームページ:https://www.mokeshawaii.com

 

本日はここまでです。

ありがとうございました。

今回のブログ記事以外の弊社のブログ記事をご確認いただく場合は、下記URLからご確認願います。

https://medicalsupporthawaii.com/blog/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です