050-5806-7583(日本)
+1-808-726-8172(ハワイ)
info@medicalsupporthawaii.com

【コロナ関連ニュース】セーフ アクセス オアフ 徹底解説

ハワイニュース

ハワイのコロナ関連最新ニュースです。

2021年9月13日からオアフ島で新しくコロナウィルスに関連するプログラムが開始されます。

「セーフ アクセス オアフ」と呼ばれるこのプログラムは、レストランやバーなどに入店や利用する際に、ワクチン接種証明書、または48時間以内に取得した陰性証明書を提示する必要があります。

9月13日から約2カ月間実施されます。

対象となる施設

プログラムの対象となる施設の一覧は下記となります。

  • レストラン
    ※屋内のフードコートやイートインスペースを常設しているスーパーも含む
  • フィットネスジム
    ※ヨガ、ダンススタジオ、ボクシング、屋内プールも含む
  • ボーリング場
  • 射撃・アーチェリー会場
  • ビリヤード場
  • 映画館
  • 美術館・博物館
  • 植物園
  • 動物園
  • 水族館
  • 公共・プライベートプール
  • ゴーカート・パターゴルフ
    などです。

提示が必要なもの

身分証明書とワクチン接種証明書の2つの提示が必要です。

身分証明書

  • 顔写真と名前が記載されているもの
  • 生年月日が記載されているもの
  • 英語で書かれているもの

例:パスポート、ステートID、運転免許証、学生証など

ワクチン接種証明書

  • ワクチンを接種した際に渡されるワクチンカード原本(ハワイ州が承認したもの)
  • ワクチンカードのコピー(ハワイ州が承認したもの)※コピーは、写真、デジタルコピーでも可
  • セーフトラベルアプリにアップロードされたデジタル証明
  • 新型コロナウイルス陰性証明
    ※アメリカ食品医薬品局(FDA)によって承認されている検査による48時間以内に取得したもの

日本のワクチン接種証明書は有効?

本日、9月10日に発表された内容によりますと、日本を含め海外のワクチン接種証明書も有効です。

ただし、条件があります。

  • FDAが承認している新型コロナウイルス感染症のワクチンメーカーであること
    ※ファイザー、モデルナ、ジョンソン&ジョンソン
  • 2回目の接種日より15日経過していること
    ※ジョンソン&ジョンソンは1回
  • 公的機関が発行したワクチン証明書であること
  • 英語で書かれていること

注意点:上記の条件に合った証明書を持っていても、入店や利用が認められない場合もあります。

※厚生労働省
海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_certificate.html

 

例外

  • 12歳未満はマスク着用で免除
    ※ワクチン接種ができないため
  • 15分以内滞在でのテイクアウトや料金の支払い、トイレ利用など(マスクの着用は必須)

経済を止めずに、感染の拡大を防ぐことは簡単なことではありませんが、ルールを守って、一日でも早く、日本からハワイにお越しいただけるようになることを願っています。

今回のブログ記事以外の弊社のブログ記事をご確認いただく場合は、下記URLからご確認願います。

https://medicalsupporthawaii.com/blog/

本日は、ここまでです。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です